坐骨神経痛? 腰が痛い 足がしびれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坐骨神経痛

 

坐骨神経痛のかたってすごく多いです。「臀部が痛い」「ふくらはぎが痛い」「ももの外側が痛い」「しびれる」のような症状を訴える方が多いですね。「ちょっとしびれる」ぐらいから、「痛くて歩けない」状態のかたまで程度も様々です。

原因

 

坐骨神経痛の原因はいろいろあるといわれています。

 

  1. 腰の神経の圧迫
  2. 筋肉の緊張からの絞扼
  3. 背骨が詰まっている

 

など、この他にもあれこれ言われている方も多いと思います。しかし、どれも100%正解ではないんですね。痛みはその部分だけで起こるのではなく、最終的に「脳」で痛いと感じているんです。なので、X線で異常がなくても、MRIで異常がなくても、「腰が痛い」「足がしびれる」という症状がおこるのです。しかもこれは特別な例ではなく、ほとんどの方がこの「どこも異常がない」と言われている坐骨神経痛です。まぁ、あったとしても「少し背骨と背骨の間が狭い」とか「背骨が少しすべっている」とかでしょう。この程度でしたら骨が痛みの原因になっているとは考えにくいですね。

では「脳」で感じている原因はなんですか?ということになります。

 

ひとつは、坐骨神経の虚血状態が痛みの信号を脳に送っていると考えられます。もうひとつは、「痛い」と感じる神経が他の要素とつながっている場合です。「冷えると痛い」「天気が悪いと痛い」「イライラすると痛い」などはとても良く聞く状態です。

こういった状態をそのままにしておくと痛みの悪循環がおこり、痛みが慢性化してきます。このタイプの患者様が一番多いですね。

ではこの痛みをどうやって治療していくか?

 

治療

 

当院では鍼治療、按摩マッサージ指圧治療をしています。坐骨神経痛では「脳」で感じる痛みをとるために、

  1. YNSAの技術をつかって正確に診断し、「頭部」「頸部」「胸部」「腰部」の頭部反応点に刺鍼して自然治癒力を強化します。
  2. 坐骨神経の末梢神経に刺鍼して神経の血流を回復させます。
  3. どうしても鍼が苦手なかたには、末梢神経に対しての按摩マッサージ指圧をおこない、神経の血流をよくする施術をおこないます

ほとんどのかたは、1のYNSAの頭鍼療法で症状はとれますね。それだけ、坐骨神経痛の痛みは「脳」で感じていることが多いのだと思います。

ただ、慢性化してくると痛みの悪循環がおこり、治りも遅くなります。痛みは早い段階で除去してあげるのがいいでしょう。また、普段からの生活習慣も大事になってきます。治療、予防のためには生活習慣も見直していきましょう。当院は鍼治療だけでなく、そういったアドバイスもして、一人一人をトータルにサポートしています。

 

【神奈川県】【大磯町】【鍼灸】【マッサージ】【YNSA】 たかはし治療院 0463-61-8122

#【腰痛】【肩こり】 などの「慢性の痛み」 「なかなか治らない痛み」

#【不眠】【不安】【抑うつ】【うつ】【頭痛】【自律神経】 などの「お悩み」「 つらい症状」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*