腰痛 ~体を反ると痛い~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛には動作による分類もできます。

  • 体を反ると痛い腰痛

 

  • 体を前に曲げると痛い腰痛

 

  • 前後どちらに曲げても痛い腰痛

 

 

  • 横に倒すと痛い腰痛

 

  • 動かさないでも痛い腰痛

 

 

などがあります。今回は①の「体を反ると痛い腰痛」についてかいていきます。

 

体を反ると痛い腰痛は年齢と共に多くなってきます。

 

これは、腰の骨・椎間板・靭帯などの変形が少しずつ始まっているからです。

 

脊柱管という神経の通り道が変形によって狭くなってきます。

 

さらに、体を反る動作をするとこの脊柱管が狭まり神経を圧迫して痛みがでます。

 

これがいわゆる「脊柱管狭窄症」といわれる症状です。症状が悪化すると、下肢のしびれが強くなったり、膀胱直腸障害が出現したりします。

 

この場合はすみやかに医療機関を受診していただいております。

 

 

 

でも、病院ではレントゲンやMRIなどで検査をしたけど、異常はありませんといわれたけど、体を反ると痛いんだよね  という方も多くいらっしゃいます。

 

というか、ほとんどの方は腰椎に脊柱管を圧迫するほどの変形はありません。

 

ではどうして体を反るといたいのでしょうか?

 

 ① 自律神経の症状で交感神経が持続的に緊張して血管が収縮し、筋肉・末梢神経が虚血状態になり痛みがでている場合

② 近年では、「反ると痛い」と脳が認識している「心理的要因」もかなりの要素をしめていると言われています。

 

ではどういった治療が効果があるのでしょうか?

 

①に関しては、原因である自律神経のとくに交感神経の緊張をとってあげることがたいせつです。

 

当院ではこの自律神経の緊張をとってあげる施術を得意としています。YNSA®

 

(山元式新頭鍼療法)をつかって自律神経の調節をしていきます。

 

また、末梢神経に鍼通電することで虚血状態になった筋肉 神経の血流を回復させ

 

ることができます。

 

虚血が解消されれば、痛みやしびれも改善されます。

 

②に関しては、「腰痛は情動が痛みを増幅する」と考えられています。

 

ですから、この「考え」を変えてあげることが大切です。

 

認知行動療法を利用したプログラムも提供しています。

 

 

MRIなどの画像検査で異常がなくても必ず原因はあります。その原因をとりのぞ

 

いてあげると、「痛み」や「症状」は改善されます。

 

 

YNSA®(山元式新頭鍼療法)とは

頭部に0.25mmの鍼を1mm程度刺鍼するだけなので、安全で痛みもありません。また、頭部に刺鍼するので衣服を脱ぐ必要もないので、女性の方でも安心して受診できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、脳の状態を改善するCES療法(アルファスティム)を併用します。これは耳たぶに電極をつけるだけで脳内のホルモン分泌が良くなりストレスが改善されます。

【神奈川県】【大磯】【二宮】【平塚】【鍼灸】【マッサージ】【YNSA】 たかはし治療院 0463-61-8122

#【腰痛】【肩こり】 などの「慢性の痛み」 「なかなか治らない痛み」

#【不眠】【不安】【抑うつ】【うつ】【頭痛】【自律神経】 などの「お悩み」「 つらい症状」

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*