体が酸化して老化する!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酸化

 

ひきつづき老化(アンチエイジング)についてお話します。今日は体が酸化するお話です。

 

体が酸化するってどういうことでしょう?

酸化って聞くとなにを思いまだしますか?

 

まあ、簡単にいうと「サビ」ですね。「酸素」が体のなかに入ってくると体の中がサビてくるんです。

えっ?

酸素って体にいいんじゃないの?

酸素がなかったら生きていけないでしょ?

 

そう思いますよね。そうなんです。酸素はとても体に重要なものなんですが、とり過ぎると害になるんです。

 

活性酸素

 

普段、体の中に入ってくる酸素は普通の人でも5000ℓ以上ともいわれています。それを材料にしてエネルギーを作り出しています。しかし、この過程で約2%が強い酸化作用を持つ「活性酸素」に変わるといわれています。

 

活性酸素はすべてが悪いわけではないんですね。とても攻撃性がつよいので体の中に入ってくる、細菌なども退治してくれます。

しかし、多すぎると他の細胞まで傷つけてしまうことがあります。これが「酸化」です。

体の老化現象のひとつと考えられています。

 

例をあげると、半分にきったリンゴですね。酸化した細胞膜がだんだんと茶色くなってきます。細胞と細胞との間で栄養素の出し入れができなくなってしまうんですね。

 

また血液中でも同じようなことがおこります。血中のLDLコレステロール(悪玉)を酸化させて動脈硬化を促進させます。

 

活性酸素が原因の症状

 

・筋力がおちた。

・白髪が増えた。抜け毛が多くなった。

・肌のシミ・シワが増えた。

・疲れやすい

などは体がサビつき始めた兆候かもしれないですね。

 

活性酸素を発生させる原因は、呼吸で酸素をとりいれるだけではないんですね。紫外線、大気汚染、化学物質、農薬など、様々な環境や偏った生活習慣が体内の活性酸素を増やす引き金となっているといわれています。

 

酸化の対策

 

では、どうすれば「酸化」から身を守ることができるのでしょうか?

 

酸素のとり過ぎとかには注意したいですね。日々のジョギングとかね(^.^)

軽くならいいんですが激しいスポーツは活性酸素を増やしますね。

 

しかし、人間には活性酸素を除去する「抗酸化酵素」なるものが存在します。    このシステムを利用するために、食事などから「抗酸化成分」を積極的にとりこんでいきましょう。

 

よく知られているのが、ビタミンC・Eの抗酸化ビタミンですね。ポリフェノールなんかもよくいわれています。

 

具体的にどんな食材をとればいいのでしょうか?

 

ORAC値っていうのがあります。活性酸素を吸収する能力のことらしいです。これを1日30000摂取するといいといわれています。

 

みなさん、運動は適度な運動にして酸化をふせぐ食生活をしながら、老化とたたかっていきましょう!

 

 

【神奈川県】【大磯】【二宮】【平塚】【鍼灸】【マッサージ】【YNSA】 たかはし治療院 0463-61-8122

#【腰痛】【肩こり】 などの「慢性の痛み」 「なかなか治らない痛み」

#【不眠】【不安】【抑うつ】【うつ】【頭痛】【自律神経】 などの「お悩み」「 つらい症状」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*