自律神経の不調でお悩みのかたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自律神経とは?

 

神経は分類するとこのように分けることができます。

 

中枢神経-脳・脊髄

末梢神経-脳神経(12対)脊髄神経(31対)自律神経

 

自律神経は末梢神経で、内臓・血管・腺などに分布し生体の環境・呼吸・消化・代謝・分泌・体温・生殖などの性能をもっています。

 

自律神経には正反対のはたらきをする神経があり、それぞれ次のようなときにはたらきます。

 

  1. 交感神経 -活動しているとき・緊張しているとき・ストレスを感じているとき
  2. 副交感神経-休息しているとき・リラックスしているとき・眠っているとき

この2つの神経はお互いが影響しあって、交感神経がはたらいている時は、副交感神経はお休み、副交感神経がはたらいている時は、交感神経はお休みしています。

 

昼間は交感神経がはたらいて、活動しやすい状態にする。

夜間は副交感神経がはたらいて、昼間の活動での疲労やダメージを回復する。

 

この2本立てで、健康を維持できるしくみとなっています。

 

健康な人は交感神経と、副交感神経のバランスがいいといわれています。

 

交感神経がはたらくのは、活動しているときです。朝起きて、準備、通勤、仕事、勉強、家事、スポーツをしているときは、交感神経がはたらいています。また、緊張やストレスを感じているときも交感神経がはたらいているんですね。

 

副交感神経がはたらくのは、休んでいるときです。夜の睡眠中、お風呂に入っているとき、食事をしているときなどです。マッサージなどで眠くなってくる状態も副交感神経です。筋肉がゆるんで血管がひろがるので、栄養が全身にいきわたり、体を回復させています。

 

自律神経のバランスが悪いっていう人はこれが逆になっていることなんですね。修復したいときに緊張して眠れなかったり、仕事で集中したいときにボーっとしてしまったり・・・

 

YNSA頭鍼療法ではこの自律神経の反応点に鍼をしていきます。交感神経と副交感神経の切り替えをスムースにしていきます。かなり即効性もありますね。夜眠れるようになったり、朝の目覚めもよかったりします。肩こりや腰痛なんかも自律神経の影響ををとても受けています。これはまた今度お話しますね。

 

 

【神奈川県】【大磯町】【鍼灸】【マッサージ】【YNSA】 たかはし治療院 0463-61-8122

#【腰痛】【肩こり】 などの「慢性の痛み」 「なかなか治らない痛み」

#【不眠】【不安】【抑うつ】【うつ】【頭痛】【自律神経】 などの「お悩み」「 つらい症状」

ご予約は 0463-61-8122 まで

メールでもご予約可能です。powder@moon.name

【基本情報】
★ お客様の声
★ 施術メニュー
★ 施術風景
★ 初回限定クーポン
★ ご予約
★ アクセス

よかったら友達登録をしていただけると嬉しいです。
毎週の予約状況やお得な情報を発信しています。
友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*