鼻呼吸していますか? アレルギー 慢性症状 ~免疫力を高めるには~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻呼吸ですか?口呼吸ですか?

 

みなさん、普段から鼻で呼吸していますか?鼻で呼吸をしていることを意識したことがありますか?電車で本を読んでいるときやスマホをしているとき、無意識に口が半開きになっている人は口呼吸になっています。口呼吸になっていると・・・・

口呼吸だと

 

空気中には、目に見えないウィルスや化学物質などたくさん浮遊しています。口呼吸になっていると、口の中が常に乾いた状態になっていて、唾液による殺菌がおこなわれず免疫力も低下しています。もともとは扁桃や咽頭といったリンパ組織があって、異物や雑菌の侵入を防いでいるのですが、口呼吸で乾いてしまうと、その機能が低下してしまい異物や雑菌の侵入が容易にできるようになってしまいます。そうすると、様々なアレルギーの原因になったりします。

 

また、風邪にひきやすくなったり、口内炎ができたりします。これは口呼吸によって免疫力が低下している初期の信号かと思われます。

 

鼻呼吸だと

 

ところが、鼻呼吸だと鼻の粘膜や繊毛が異物や雑菌をキャッチしてきれいな空気のみがのどを通るようになります。さらに、扁桃のリンパ組織の免疫機能も働きますから強固な防御態勢となります。

 

鼻呼吸になるためのトレーニング

 

鼻呼吸になるためには舌の位置が重要です。舌が口の中の上の壁にべったりとついているのが理想です。理想の舌の位置になり免疫力を高めるには、福岡県の医師である「今井一影先生」が考案した「あいうべ体操」が有効です。

 

当院では鍼治療だけでなく、こういった免疫力を高めるための指導もしています。

みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

 

神奈川県】【大磯町】【鍼灸】【マッサージ】【YNSA】 たかはし治療院 0463-61-8122

#【腰痛】【肩こり】 などの「慢性の痛み」 「なかなか治らない痛み」

#【不眠】【不安】【抑うつ】【うつ】【頭痛】【自律神経】 などの「お悩み」「 つらい症状」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*