手がしびれる の記事一覧

手がしびれる③ ヘルニア 肩こり YNSA頭鍼治療

ご予約は 

0463-61-8122

メールでもご予約可能です。

powder@moon.name

http://takahashi-chiryoin.com

【基本情報】
★ お客様の声
★ 施術メニュー
★ 施術風景
★ 初回限定クーポン
★ ご予約
★ アクセス

友達登録をしていただけると嬉しいです。
毎週の予約状況やお得な情報を発信しています。

⇩をクリックしてください。
友だち追加

こんにちは。たかはし治療院の高橋です。

 

前2回、手のしびれについてお話したんですけれども、少し継ぎ足しがあります。

 

手のしびれを取って行くには、治療もそうなんですけれども、日常生活の改善、これが伴うと非常によく早くしびれが取れます。

 

まず、食生活なんですけども、糖質を制限して下さい。

 

糖質をある程度取らないと、神経内の血流が非常に良くなるんですね。

 

治療してパルスをかけても、糖質が多い人は、なかなか血流が良くなってこない、で、糖質を少し抑えて行ってあげると、血流が非常に良くなります。

 

あと、朝少し早く起きて、少し体操をしてあげるとですね、朝日を浴びて体操してあげる。

 

これはですね、脳内の痛みを取るという、リラックスするというそういうホルモンが出ます。

 

試してみてください、ありがとうございました。

手がしびれる YNSA頭鍼治療 ヘルニア 肩こり

ご予約は 

0463-61-8122

メールでもご予約可能です。

powder@moon.name

http://takahashi-chiryoin.com

【基本情報】
★ お客様の声
★ 施術メニュー
★ 施術風景
★ 初回限定クーポン
★ ご予約
★ アクセス

友達登録をしていただけると嬉しいです。
毎週の予約状況やクーポンなどお得な情報を発信しています。

⇩をクリックしてください。
友だち追加

こんにちはたかはし治療院の高橋です。

 

前回、手のしびれについてお話しました。

 

神経に沿ってパルスをかけること、低周波のパルスをかけて筋肉を動かしてあげることで
神経内の血流を良くして、しびれを取って行く。

 

ところがこれで取れないことが結構あるんですよ。

 

長年しびれている、いつもずっと長い間しびれていた、3カ月、半年と、そういった方は慢性化してしまって、脳が過敏になってしまっているんですよ。

 

脳の異常なんですね。

 

なので、脳の興奮を静めて行く、そういった治療をして行かないと、このしびれはなかなか取れないです。

 

私は、脳の頭皮、頭の頭皮に刺す鍼をしているんですけども、YNSAという鍼療法なんですけども、これを脳のポイント、あるいは手のしびれのポイントというのもありますので、そこに鍼をして、しびれを取って行きます。

 

ご興味ある方は、どうぞご連絡下さい、お待ちしております。

手がしびれる① 頸椎ヘルニア 肩こり鍼 YNSA

ご予約は 

0463-61-8122

メールでもご予約可能です。

powder@moon.name

http://takahashi-chiryoin.com

【基本情報】
★ お客様の声
★ 施術メニュー
★ 施術風景
★ 初回限定クーポン
★ ご予約
★ アクセス

よかったら友達登録をしていただけると嬉しいです。
毎週の予約状況やお得な情報を発信しています。
友だち追加

こんにちは、高橋治療院の高橋です。

 

今日は、手のしびれ、よくありますよね、手がしびれちゃう。

 

その事についてちょっとお話して行きたいと思います。

 

手がしびれると、こう、首からですね、手にかけての神経上、手に沿ってですね、こう痺れてくる、こういった症状があります。

 

これなんで起こるのかと言うと、その神経に沿ってその神経上でですね、なんだかしらの圧迫であるとか、締め付けであるとかね、そういうことが起こって神経内の血流が悪くなるんですね、

 

丁度こう、正座をして、長い間正座をしてパッと立った時にピリッとしびれますよね、あれはね、神経内の血流が悪くなっているんですね。

 

あれをちょっと想像していただくと、わかりやすいと思います。

 

ですから、この神経内の血流を良くしてあげることが、痺れの治療になります。

 

最初は私はその神経内に沿ってですね、針をして、それに低周波のパルスをかけます。

 

で、筋肉を動かして行ってあげる事で血流が改善されて、で、流れが凄く良くなってくるので、それでこう痺れが取れたりとかします。

 

ところがね、こう、それだけではなかなか取れないことも多いんですけども、えー、それはまた次回にお話しします。

 

ありがとうございました。