五十肩の治療 50代女性 三か月前から肩があがらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たかはし治療院の高橋です。

今日は50肩の治療について話して行きたいと思います。

先日は50肩の説明をしたんですけれども、今日は50肩の治療についてですね、具体的な治療について説明して行きます。

先日来られた患者さんを例にすると、60代、50代後半の女性です。
左の肩が上がりませんでした。

ちょうどこんな感じです。

上がらなくて、3ヶ月くらい前に病院に行ってレントゲンを撮ったけども、骨は異常ないよと言われて、湿布をずっとしていましたけど、いっこうに痛みが治らないということで来られました。

レントゲンを撮ったということだったので、いきなり私も治療に入りました。

そこで見ると肩の傷みなんですけど、少し触っただけでも肩の緊張が凄いんですね。

首とかも凄かったので、頭皮鍼をお勧めして、頭皮鍼からスタートすることになりました。

私のやるYNSAの頭皮鍼は、まず患者さんがいらっしゃいますよね。

診断をして行きます、主に緊張する時は首の診断をして行くんですね。

首の付け根の診断をして行きます。

首の付け根の診断をして行くと、硬いところがはっきりと出てきます。

腎であるとか、腰であるとか、胸椎であるとか、頸椎であるとか、脳であるとか。

そういったところで反応点がはっきり出ているんですね。

前回のこの方の場合は、左の肩の首と、胸椎と、脳と、そこに反応が出ていました。

なので、その反応点で言うと、頭皮、反応点に合わせた頭皮に鍼をして行きます。

ちょうど首をして、脳の反応点、脳の反応点を見つけたら、脳の反応点に鍼をしていきます。

そして首をみつけたらば、首の反応点首肩、首が終わったので、首の反応点に鍼をして行きます。

これで少し動かしてもらうんですね。

動かしてもらってどう?痛い?というと、だいぶ上がってきた、でもまだ少し痛い。

どの辺が痛いですか、肩の辺、そうすると首をまた見て行くわけです。

首や腕も見て行きます。

そこで判断する、反応点を探してそこにまた鍼をして行きます。

彼女の場合は、肩のポイント、少し肩のポイントに痛みがあったので、そこにちょっと鍼をしました。

そうすると、もう一度上げて見て下さいというとだいぶ上がるようになったんですね。

これで6割、7割くらい取れたので、頭が良い状態になったので、この状態でお休み、横になっていただきます。

何をするかと言うと、まだ痛みがあったので、肩ってちょうど肩甲骨の鎖骨と言われるものがずっと伸びてきて、胸鎖関節というところと肩鎖関節というところが、ここの関節でつながっているんですね、動かすとここ良く動くんですけど、動かない人はね、ここがガチガチなんですよ。

凄く固まっているので、ここに対して鍼をしたまま横になって、ここに対して少し調整をするような治療をしました。

そうすると大体1回の治療で、7割から8割取れましたね。

この方は3回の治療で、今は再発もなくずっと楽になっています。

はい、ご興味のある方はお試しになってみてはいかがでしょうか。

連絡は下の所の欄の所にホームページがあると思いますので、そちらをご覧になってご連絡ください、お待ちしています。

ありがとうございました。

ご予約は 

0463-61-8122

メールでもご予約可能です。

powder@moon.name

http://takahashi-chiryoin.com

【基本情報】
★ お客様の声
★ 施術メニュー
★ 施術風景
★ 初回限定クーポン
★ ご予約
★ アクセス

よかったら友達登録をしていただけると嬉しいです。
毎週の予約状況やお得な情報を発信しています。
友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*