痛みの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか治らない痛みの原因とは?

 

あなたは痛みには3つの種類がある事をご存知でしょうか?

急に痛みが出て数日~1ヵ月以内に治まる痛みを「急性の痛み」といいます。1~3ヵ月以上と長く続く痛みは「慢性の痛み」といわれます。「急性の痛み」は、その原因となるケガや病気が治れば消えていくものですが、そのまま放っておいたりすると「慢性の痛み」に変わってしまいます。もうひとつは、「ストレスや心理的な要因による痛み」です。

 

慢性の痛みは、自律神経(交感神経)を緊張させて血管の収縮を引き起こします。その結果、血行が悪くなり、ブラジキニン、プロスタグランジン、セロトニン、アセチルコリンなどの発痛物質の発生につながります。

通常は、痛みが生じても交感神経の反応はすぐにおさまり、血行が改善されます。それによって、痛みが鎮まります。しかし、痛みが長引くと、血行の悪い状態が続いて発痛物質が多く発生します。この発痛物質は血管を収縮させるため、さらに血行を悪化させてしまいます。そして、さらにまた発痛物質が発生する、という「痛みの悪循環」を引き起こしてしまいます。

 

それだけではなく、痛みが慢性化すると、痛みを引き起こした原因がなくなっても痛みがとれにくくなってきます。

その原因は脳に「痛みの記憶」が残っているためです。

 

さらに、痛みが続くことによって引き起こされる弊害はそれだけではありません。痛みにばかり注意が向きがちになり、眠れなくなったり、不安や恐怖からうつ状態につながり、ますます痛みにとらわれて症状が重くなるという悪循環に陥いってしまうことがあります。

 

これが「なかなか治らない痛み」を引き起こしているのです。

 

痛みが長く続いたり、さまざまなストレスにさらされていると、本来、私たちが脳の中に持っている「痛みを抑える物質・神経」の力が弱くなり、痛みを感じやすくなったり、痛みが慢性化したりすることがわかっています。

 

 

この「なかなか治らない痛み」に関しては脳にアプローチするYNSA・頭鍼療法がとても効果があります。脳にアプローチといっても脳の中に直接鍼をするするわけではありません。頭皮に鍼をします。 腕や首を診察すると頸椎・胸椎・腰椎・大脳・小脳・脳幹・中脳・間脳など反応点がでています。それぞれに対応する場所を頭皮のツボに鍼をしていきます。

この反応点に的確にアプローチすることによって脳から「痛みの記憶」を消し去り、痛みを気にしなくなり、よく眠れるようになり、不安や恐怖からも解放され、好循環を引き起こすことができるようになります。

 

YNSA・頭鍼療法は体にする鍼と違って、座った状態で鍼をします。そのため、関節等を動かすことができるため施術した直後から効果を確かめることができます。また、服を脱いだりする必要もありませんので女性の方でも安心して施術をうけることができます。

 

 

【神奈川県】【大磯町】【鍼灸】【マッサージ】【YNSA】 たかはし治療院 0463-61-8122

#【腰痛】【肩こり】 などの「慢性の痛み」 「なかなか治らない痛み」

#【不眠】【不安】【抑うつ】【うつ】【頭痛】【自律神経】 などの「お悩み」「 つらい症状」

ご予約は 0463-61-8122 まで

メールでもご予約可能です。powder@moon.name

【基本情報】
★ お客様の声
★ 施術メニュー
★ 施術風景
★ 初回限定クーポン
★ ご予約
★ アクセス

よかったら友達登録をしていただけると嬉しいです。
毎週の予約状況やお得な情報を発信しています。
友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*